最新装置と治療例

当院の最新の治療装置と治療例をご紹介いたします。

早期治療

成長のある時期に使う装置の代表的なものをご紹介しましょう。
これらの装置を使用することによって永久歯の仕上げの治療の単純化や治療期間の短縮が可能になります。

色がいろいろ選べて、楽しんで治療ができる取り外せる装置の例
あごの骨ごと”出っ歯”になってしまっている方やあごの成長が悪く”乱ぐい歯”になりかかっている方が使うと効果のある装置です。
色がいろいろ選べて、楽しく治療できる装置
歯の裏に着くので見えない装置の例
歯の裏側に装着しますので、表からは見えません。あごの骨の成長が悪く、上下のあごの大きさにアンバランスがある方などに最適です。
歯の裏に着くので見えない装置
本格治療
表側につく最新の装置の例
表側につく最新の装置の例 永久歯になってからの本格治療はでは、全部の歯をきちんと噛めるようにするために 、
全体的な矯正治療を行ないます。
ここで使用する基本的な装置が写真の装置です。ブラケットといいます。
写真左側が従来型の金属タイプ、右側が歯の色に近い透明なタイプの装置です。
いずれの装置も最近は大きさや厚みが小さくなり見た目も違和感も少なくなりました。
目立たない透明な装置の例
特に、透明なタイプのブラケット装置の精度はここ数年で格段に向上しています。
審美的に優れているだけでなく、治療中の違和感も少なくなっています。
実際の治療では、このブラケットの上に矯正線(ワイヤー)を装着します。
このワイヤーを調節して歯を移動します。
最新のワイヤーでは、従来のステンレス製に加え、・形状記憶合金製、白い色のホワイトワイヤーまであります。
表側につく最新の装置
最新の装置と治療例2

全体治療例
でこぼこの歯並びも、治療後はスッキリしますね。

最新の装置と治療例2

口元の変化の例
最新の装置と治療例2 治療前後では、歯並びだけではなく、口元にもよい変化が見られます。
歯が引っ込むことで、閉じづらかった口唇が自然に閉じられるようになって、すてきな横顔になっていますね。

裏側の見えない最新の装置
裏側の見えない最新の装置 表からは見えません。どうしても装置が見えると困るかたが人に気づかれずに治療を受けていただくことが可能です。
歯の裏側からの矯正治療の場合、以前より製品の精度、矯正技工の精度、ワイヤーの特性から、治療期間、仕上がりなどに問題があり、現在まで様々な官僚がなされてきています。
装置の特性上、症状によってはお勧めできない場合があります。適応症などにご興味のある方はぜひご相談ください。
最新の歯科矯正用アンカースクリュー
裏側の見えない最新の装置 従来からの矯正装置に矯正用インプラントを併用する最新の方法です。
抜歯や手術を行わなければ治せないような重症な症例でも、それらを回避して治療ができたり、 ヘッドギアなどの装置を使わなければならない症例が、使わずに治療ができるなど、治療の選択肢が広がることが最大のメリットです。
治療後の保定期間

がんばってきれいな歯を手に入れた喜びは言葉では表せないほどですね。
矯正治療後の保定期間も、最新の保定装置ですてきに過ごしたいですね。
当院では、使いやすさや見た目の美しさも考えて、最新の装置を使用しています。

最新の装置と治療例3

従来のリテーナーと最新型のリテーナー 歯を動かし終わった後に使用する保定装置には従来型のプラスティックとワイヤーのもの以外に、全体が透明なマウスピース型のものや、歯の裏側から固定するものがあります。これなら目立たずに保定期間を過ごすことができますね。